教えて!給水方法の変更工事

top > 給水方式の変更工事について > 給水方式の工事で集合住宅の退去率が変化する

給水方式の工事で集合住宅の退去率が変化する

 集合住宅の住み心地は、水道設備に左右される一面もあります。
マンションの退去率などが気になる時は、給水方式の変更の工事も検討してみる価値があります。
そもそも住民によっては、水道設備に不満感を抱いている場合があります。
例えば停電時の問題点です。
住宅によっては、停電すると水の供給が止まってしまい、大変不自由しています。
それと、水質の問題もあります。
蛇口から出てくる水があまり衛生的でなければ、住民としては不満感を抱いてしまう事もあります。
その水道に関する問題点は、間接的に退去率を増加してしまう可能性があります。
上述のような集合住宅ですと、あまり住み心地が良くないので、退去してしまう可能性もあるからです。
ですが給水方式を変更してみると、状況が好転する可能性もあります。

 例えば停電の問題点は、工事で解消されるケースが多々あります。
停電によって水の供給が止まってしまう理由は、貯水タンク付近のポンプが動かなくなるからです。
貯水タンクがある住宅の場合は、各部屋にはポンプで水が供給されています。
そのポンプは電力で動いているので、停電になってしまえば、水が出なくなってしまいます。
しかし各部屋に対する給水方式は、貯水タンク以外の方法もあります。
各部屋と水道管を直結する方式もあります。
直結すれば、わざわざポンプを使用する必要もありませんから、停電時でも問題なく水を供給できる状態になります。
しかも電力を消耗しているポンプが撤去されるので、電力コストも節約できる訳です。
ですから停電が気になる時は、給水方式を変更する工事を検討してみる価値はあります。

 それとタンクの手入れや水質に関するメリットがあります。
集合住宅の水質があまり良くない理由は、タンクの水が汚れているからです。
タンクの中の水が流れない状態が続けば、だんだん水も劣化してしまいます。
しかし給水方式を変更する工事を行えば、タンクは撤去されます。
各部屋と水道パイプが直結するので、常に新鮮な水が供給される状態になります。
またタンクが撤去されれば、わざわざ手入れや清掃なども行う必要もありません。
それに伴い、マンションの入居率が変化する場合があります。
変更の工事を行えば、住み心地も改善される訳ですから、工事前と比べると退去率が下がるケースがあります。
それでマンションからの収益性が高まる可能性もあります。
ですから退去率を気にしている方々は、しばしば専門業者に給水の工事を依頼しています。

次の記事へ

上へ戻る