教えて!給水方法の変更工事

top > 給水方式の変更工事について > 給水方式の変更するための工事が地道に

給水方式の変更するための工事が地道に

 集合住宅などビルへ給水するにはいろんなやり方があり、大きく4つの方法があるといわれています。
このうちの2つは受水槽へいったん水をためてから各戸へ水を届けるのに対して、別の2つは受水槽を使わずしていきなり各戸へ水をとどけます。
昔の集合住宅はその大半が受水槽へ水をためてから届けるやり方が主流でした。
この受水槽方式は加圧給水方式と高置水槽給水方式に分かれます。
水の具体的な届け方はいったん地中を這ってる水道管から受水槽に水をため、その受水槽から水を各戸へ届ける際に水の圧力を高めるか、ポンプで上階へアップするかとなります。
加圧式の場合は低層住宅用で受水槽から出てくる水の圧力を高めて直接各戸へ届けます。
けど4階以上のような高層住宅になると加圧しても最上階までは届かなくなるので、ポンプで上階へ届けなければなりません。

 高置水槽給水方式は高層住宅用で受水槽から出てくる水をポンプで直接各戸へ届けるのではなく、いったん屋上の受水槽へ水をためます。
その屋上の受水槽から水を流して各戸へ届けます。
ただこの受水槽の2つのやり方はいずれにしても受水槽へ水をいったんためるために、受水槽の内部の清掃管理が欠かせません。
これを怠ると臭い汚いと苦情の元になります。
そんなわけで近頃は既存の受水槽で水を配分してる建物に対して、受水槽を使わずして水を届ける工事の提案などがなされています。
これをすれば受水槽の清掃や老朽対策のメンテナンスなどが不要になるからです。
もっとも給水方式を変更するための工事は莫大なお金がかかるので、住民全員の総意などが欠かせなくなります。
一方で受水槽を使わずして給水する方式には2つあり、そのうちの1つは直結直圧給水方式となります。

 これは地中を這ってる水道管から出てくる水を水道管の圧力を利用して上階へ届けようとするやり方です。
このやり方が最も簡素で衛生的となります。
ただ水道管の圧力を自然利用しているので3階くらいまでの低層の建物しか利用できません。
それ以上の高層建物に対しては、直結増圧ポンプ方式が利用されます。
これは増圧ポンプを利用して上層階に水を届けるやり方です。
ただこれはポンプが電気で稼働しているため、停電すると断水してしまいます。
実際に高層住宅などでは地震などで断水したという報告例も相次いでいます。
また状況次第では道路部分からメータまでの給水管を今よりも太くせざるを得ないなどする場合もあり得ます。
その場合には変更工事の後に水道料金が値上げの可能性もあります。
別の状況次第では肝心の増圧ポンプが使用できずに断念せざるを得ないこともあります。

次の記事へ

上へ戻る