教えて!給水方法の変更工事

top > 給水方式の変更工事について > 劣化やメンテナンスに関するメリットがある給水方式の工事

劣化やメンテナンスに関するメリットがある給水方式の工事

 配水管の給水方式には、複数の種類があります。
それぞれ維持管理や水質の変化に関する違いがあり、方式によっては水が劣化する可能性があります。
そもそも水たまりにある水は、時間が経過すると共に、だんだん状態が悪くなる性質があります。
雨が降ったばかりの時は、水の状態は特に問題なくても、数日経過すると水は劣化してしまう訳です。
配水管の中にある水も、劣化してしまう場合があります。
様々な外的要因によって劣化する訳ですが、それも給水の方式次第です。
工事によって方式を変更してみると、劣化しづらくなる場合があります。
とりわけタンクにある水は、注意が必要です。
タンクの中に貯められている水も、日数が経過すれば、状態が悪くなってしまう傾向があります。
その場合、直圧や増圧などに変更してみる選択肢もあります。

 そもそも住宅の水道は、地下部分にある給水パイプから運ばれています。
ですが住宅の蛇口とパイプは、直結しているとは限りません。
蛇口とパイプとの間に、貯水タンクが設置されている事もあります。
日数が経過すると、そのタンクの水が劣化する可能性も否定できません。
劣化する可能性があるなら、定期的にタンクのメンテナンスも行う必要があります。
しかし蛇口とパイプを直結させれば、話は大きく変わってきます。
常に新鮮な水が供給される状態になるので、基本的には水は劣化する事はありません。
その供給システムも増圧や直圧などの種類はありますが、少なくとも貯水タンクを経由するよりは、蛇口から出る水の安全度は高くなります。
そのためには工事も必要ですが、水の劣化が心配なら、前向きに検討してみる価値はあります。

 また給水方式を変更する工事を行えば、管理が楽になるケースもあります。
貯水タンクを経由する方式ですと、どうしてもタンクのメンテナンスが必要です。
その水槽の中は、定期的に清掃しなければなりません。
ポンプのメンテナンスも必要です。
そのメンテナンスが少々面倒な時は、別の方式に変更する選択肢もあります。
例えば直圧式です。
その方式の場合は、蛇口と地下の水道管が直結された状態になります。
両者の間にタンクはありませんから、わざわざタンクの中を清掃する必要もありません。
ですからメンテナンスが面倒な時は、直圧方式への変更を検討してみる価値があります。
つまり給水方式の工事は、「水質の劣化」や「メンテナンスの手間」に関するメリットがある訳です。
ですから水質を気にしている方々は、しばしば水道周りに関する工事を行っています。

上へ戻る