教えて!給水方法の変更工事

給水システムの変更工事を任せられる工事比較サイト

給水方式は水の供給を行う際にとても重要で、適切なものを選ばなければ水質の劣化や維持管理費の高騰、水圧の減退などを引き起こしてしまう可能性があります。現在の給水システムに不満がある場合、変更工事を検討するでしょう。建物の環境や用途に合ったシステムを採用し、しっかりした施工を行ってくれる業者に依頼することが失敗しないためには大切です。このサイトでは給水方式の変更工事を行う際、優れた工事を比較するのに適したサイトです。

給水システムはタンクを使う水槽方式か直結方式に分類され、立地や建物の階数によって使えないシステムも存在します。変更工事を行うときは建物や周囲の環境、埋設されている配水管などをしっかりと調査して給水システムを選択してくれる業者に依頼することが大事です。こちらの給水システム変更工事に関する工事比較サイトを利用すれば、適した給水方式による安心安全な施工を依頼することができるでしょう。

それぞれの給水システムにはメリットとデメリットがあり、メンテナンス費用に大きな差が出るだけでなく、停電時に給水できるかどうかも違ってきます。水質を維持して水圧を安定させるためにも変更工事を行うときには工事の比較検討を行い、それぞれのメリットとデメリットを深く理解する必要があります。こちらの工事比較サイトを利用すれば、工事を選ぶ際の参考になるでしょう。

積水工業株式会社

総合評価 ★★★★★
顧客満足度 ★★★★★
サービス性 ★★★★★
掲載情報量 ★★★★
利便性 ★★★★★

ポイント

  • 新築の建物に最適な水道設備の工事ができる
  • 公共施設の給水設備のリニューアルなども扱っている
  • 集合住宅の給水設備の改修工事もできる

積水工業株式会社では大規模な建物の給水方式の変更工事を事業として行っています。新築の建物に関する給水設備の工事もしていて、衛生的な給排水施設の設計だけでなく、換気のための空調設備の設計や、電気設備の設計なども行っています。

建物の中で生活をしている人がより快適に暮らすことができるような工事をするために、水と空気に関することを中心して工事を行っている会社です。工事は企画の段階からしっかりと携わっていて、設計から施工まで総合的にサポートをしています。

ビルやオフィスなどのリニューアル工事として、トイレや空調などの工事も行っています。水周りのトラブルに関する修理工事なども扱っていて、365日24時間サポートできる体制が整っています。安全活動などにも積極的に取り組んでいる会社です。

公式サイトはコチラ

株式会社コウセイ

総合評価 ★★★★★
顧客満足度 ★★★
サービス性 ★★★★★
掲載情報量 ★★★★★
利便性 ★★★

ポイント

  • 10年保証をしているので安心して工事が依頼できる
  • 工事の見積もりを無料で依頼できる
  • 建物の状態に合った給水システムの工事ができる

株式会社コウセイでは給水方式の変更工事を主な事業として行っています。タンク方式の給水システムを直結方式に変更するための工事などもこの会社で行っている工事です。マンションなどの建物全体の給水システムを変更できます。

株式会社コウセイでは給水方式を変更する場合に、建物のそれぞれの条件に合った最適な給水システムに変更するための工事を提案しています。加圧給水方式や高置水槽給水方式などさまざまな給水システムの変更に対応しています。

株式会社コウセイでは、水槽を利用して一時的に水をためておく設備を除去して、建物全体を直結直圧給水方式に変更するための工事も行っています。配水管から直接各住宅に水道を供給することで、停電時でも給水ができるようになります。

公式サイトはコチラ

株式会社総和プラント

総合評価 ★★★★
顧客満足度 ★★★★★
サービス性 ★★★★
掲載情報量 ★★★
利便性 ★★★

ポイント

  • なるべく普段の生活に影響を与えない工事が可能
  • 菅を短期間で新しものへと交換が行えます
  • 耐震性や耐久性に優れたものへ変更できます

断水や排水禁止が続くと、毎日の生活が不便になってしまいます。ところが株式会社総和プラントでの変更工事であれば、極力制限する回数を減らして行うことができるのです。そのおかげで住民の人たちの負担を減らせます。

菅が劣化していると、そこを通る水が汚染されてしまう可能性があるのです。しかし管の内部に付着した鯖や油脂等を取り除くことで、きれいな水が利用できます。株式会社総和プラントの更生工事は、更新工事よりも短期間で、さらに低コストで行えます。

これまでの給水方式では、大きな地震や災害に遭った際に、強度に不安を感じる場合も少なくありませんでした。そんな時には株式会社総和プラントで変更工事をすることによって、安心を手にすることができるというわけです。

公式サイトはコチラ

川本工業株式会社

総合評価 ★★★
顧客満足度 ★★★★★
サービス性 ★★★
掲載情報量 ★★★
利便性 ★★★★

ポイント

  • 災害に強い耐久性に優れた工事ができる
  • 省エネやスペースを有効利用できる工事もできる
  • 現場の条件にあったリニューアルを行っている

川本工業株式会社では建物の給排水設備の工事を行っています。給水方式の大規模な変更工事なども扱っていて、受水槽と自動給水ポンプを利用した従来の給水設備を、直結給水ブースタポンプに変更することもできます。

川本工業株式会社では高架水槽方式で給水をしている建物を、そのままの条件で別の方式に変更する工事も行っています。高架水槽はそのままにして、地上にある受水槽だけを撤去することも可能で、スペースを有効に活用できる工事です。

川本工業株式会社では既存の給排水設備をさびにくいステンレス製のものにする工事も行っています。また自動給水方式に変更するリニューアルも行っていて、より清潔で安心して水道を利用できるようにするための工事を行っています。

公式サイトはコチラ

西田エンジニアリング株式会社

総合評価 ★★★★
顧客満足度 ★★★★★
サービス性 ★★★★★
掲載情報量 ★★★★
利便性 ★★★

ポイント

  • マンションなどの大規模な建物の給排水設備の工事ができる
  • 古くなった給排水設備のリニューアルができる技術がある
  • しっかりと調査をしてから工事をしている

西田エンジニアリング株式会社は給排水設備の工事を専門に行っている企業です。この会社では主にマンションなどの大規模な建物給排水設備の工事を請け負っています。建物全体の給水方式の変更工事などもこの会社で扱っている仕事です。

西田エンジニアリング株式会社では工事を行う前に、まずしっかりと現場を確認することを重視しています。スタッフが現地で自分の目で確認を行い、さらに管内カメラを使用することで、より正確に配水管の状態を把握しています。

西田エンジニアリング株式会社では、より正確な給排水設備の工事ができるように、工事を始める前に配管のサンプリング調査も行っています。貯水槽方式の給水設備を直結給水方式に変更するための工事もこの会社で行っている仕事です。

公式サイトはコチラ

ニッポー設備株式会社

総合評価 ★★★
顧客満足度 ★★★★
サービス性 ★★★
掲載情報量 ★★★★
利便性 ★★★★

ポイント

  • 東京都指定給水装置工事事業者であること
  • 武蔵野市の指定給排水装置工事事業者であること
  • 設立から40年の実績があること

ニッポー設備株式会社は昭和43年に個人で設立し、昭和46年に株式会社として会社設立、昭和61年に現在の会社名となった会社です。現在の会社の本社は東京都の国立市の富士見台に拠点があります。会社の営業時間は朝8時半から夕方18時半までで、土休日が定休日です。

会社の主な事業内容は給排水衛生設備の工事、空調設備の工事やメンテナンスや修理、設備機器の販売や取り付け、水道や土木工事、貯水槽清掃などです。これらの業務を可能にするために建設業許可として東京都知事許可(特-24)第21310号を、産業廃棄物収集運搬業許可として許可番号第13-00-120073号をそれぞれ取得しています。

また公認番号として東京都指定給水装置工事事業者指定番号第3640号、東京都指定排水設備工事事業者指定番号第3890号、国立市指定下水道工事店の指定番号第29号、武蔵野市指定給水装置工事事業者指定番号第77号、武蔵野市指定排水設備工事事業者の指定番号第67号をそれぞれ取得済みです。工事の対象エリアは本社がある国立市から1時間以内の範囲ですが、水道設備工事では現行の像圧給水設備の適用メーター口径は50から75mmまで拡大されたり、特例直圧給水で4階または5階までの直圧給水方式が認められたので、受水槽方式の給水方式から増圧直結給水方式への変更工事も行っています。

公式サイトはコチラ

給水方式の工事で敷地を有効活用できるようになる

集合住宅の一部分には、タンクが設置されている事があります。いわゆる貯水タンクです。それを住宅の敷地に設置する以上は、面積も狭くなってしまう訳です。例えば住宅の面積は200平米メートルであり、その内の8平米メートル程度は貯水タンクの為に使用しているとします。しかし集合住宅の持ち主からすると、その8平米メートルは少々勿体ないと感じられる場合があります。敷地面積が限られるのも不自由なので、できるだけ面積を確保したいというニーズも多いです。その場合、給水方式を変更する工事という手段もあります。工事を行って、上述の貯水タンクを撤去する訳です。タンクを撤去する代わりに、各部屋に直接的に水道を供給するようにします。それには様々なメリットがあるので、検討している方々も多いです。

貯水タンクがある状態なら、その内部のメンテナンスも必要です。タンクの中の清掃などを行わないと、だんだん内部の水も劣化してしまいます。それでは困りますから、定期的にタンクのメンテナンスを行う必要があります。しかしメンテナンスは手間がかかりますし、そもそも貯水タンクの近くにある給水ポンプは、電気代もかかります。ところが各部屋と地下の水道パイプを直結させれば、わざわざタンクのメンテナンスを行う必要はありません。手間が減る上に、電気料金に関するメリットもあります。タンク近くのポンプが撤去されますから、わざわざ電気代を支払う必要もありません。たとえ停電になっても、各家庭に水道を供給できる状態になりますし、工事は前向きに検討してみる価値があります。そして上述の敷地面積に関するメリットもあります。

給水方式を変更する工事を行えば、貯水タンクも撤去される訳です。という事は、上述の8平米メートル分の敷地面積を確保する事ができます。その8平米メートルの敷地を、別の形で有効利用する事も可能です。例えば今までタンクがあった場所を、駐車場にするやり方もあります。もしくは子供の遊び場として、広場にする方法もありますが、いずれにせよ8平米メートルの敷地を有効活用できる状態になります。集合住宅の敷地面積は、資産価値にも大きく関わってきます。自由に使える敷地がある方が、価値も高いと見なされる訳です。ですから貯水タンクを撤去する意義はあります。その変更の工事を行う場合は、専門業者に依頼する事になるので、費用はかかります。しかし敷地を確保できるメリットは大きいので、費用を支払って工事を依頼している方々も多いです。

カテゴリー

上へ戻る